「ポスト安倍」候補がツイッターで力比べ

2018年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ツイッター口撃を繰り広げるトランプ米大統領によって、世界は新時代に突入した。大統領がツイートでデマを拡散し、刃向かう者を誹謗する姿はやはり異様だ。しかし、中産階級から没落し、「忘れられた人々」にはその率直さが受ける。彼らには、報道よりも、トランプのツイートこそが真実なのだ。トランプの成功に倣い、世界各地でポピュリズム志向の政治家たちがツイッターを取り入れ始めた。その動きは「ポスト安倍」をうかがう日本の政治家にも広がる。親譲りの勘を誇る小泉進次郎自民党筆頭副幹事長は「メディア中抜きの時代ですよ。今は(報道を介さず)政治家が一人ひとりのスマホと直接つながる時代だ」と断じた。この視点から「ポスト安倍」のツイートを見比べると、各々の個性が浮かび上がる。安倍内閣随一のツイッター・ユーザーと言えば、河野太郎外相。2010年の開始以来、つぶやきは1万4千近 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。