富士フイルム「古森天皇」が泥沼

株主総会で「買収騒動」について「CEOから説明はないのか」とブーイング。「ワンマン解任」の歴史を繰り返すか。

2018年8月号 BUSINESS [「安倍トモ」の落日]

  • はてなブックマークに追加

「リーダーには状況を速やかに、かつ正確に見抜く『眼』が欠かせない。『課題は何か』『ライバルはどう動くか』。自社を取り巻く環境とその推移を冷徹に見極め、目指すべき方向と方策を決める」富士フイルムホールディングス(HD)会長兼最高経営責任者(CEO)の古森重隆(78)が経済誌「日経ビジネス」に輪番で連載しているコラム、その名も「賢人の警鐘」。今年3月26日号で、古森は1月31日に自ら記者会見を開き発表した米ゼロックス買収が「経営トップとして極めて大きな決断だった」と自画自賛しながら、冒頭のようなリーダー論を展開した。その後の買収劇の泥沼化を思うと、「恥の上塗り」とはこのことか、と失笑を禁じ得ない。

古森の自画自賛を持て囃す御用記者

当初、日本のマスコミはこのM&A(合併・買収)を手放しで称賛した。手法は複雑で、まず日米合弁の富士ゼロックスが金融機関から約6700億円を借り入れ、富士フイルムが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。