早大新総長に田中「ラブ治半端ないって」

2018年8月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

鮮やかな逆転劇――。鎌田薫総長の任期満了(2018年11月4日)に伴う早稲田大学総長選が6月28日に行われ、田中愛治政治経済学術院教授(66)が副総長の島田陽一法学学術院教授(65)を僅差で破り第17代総長に選出された。下馬評では大穴の田中氏が本命の島田氏を退けたため、「大金星」「革命が起きた」と驚きの声が広がった。田中、島田両氏を含め3人が争った6月14日の総長選ではいずれも過半数を得られず、上位2人による再投票にもつれ込み、田中氏「1899票」、島田氏「1692票」と勝利をたぐり寄せた。勝因は「2期8年に及ぶ鎌田体制への不満が充満し、鎌田氏の後継者と目された島田氏を避ける票の受け皿になった」(早大関係者)。実際、田中氏は選挙期間中、ツイッターで「早稲田に新しい風を吹かせて、多くの方が感じている閉塞感を吹き飛ばしましょう!」とつぶやき、投票3日前には「冷静に分析してみ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。