Hana倶楽部の実質管理会社手元残金わずか「18万円」

届け出債権額59億円に対し、財産はたったこれだけ。債権者のもとには「1円たりとも」返ってこない可能性が大きい。

2018年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

6月5日午後、東京家庭裁判所で1月に東京地裁から破産手続き開始決定を受けた「ロゼッタホールディングス」(板井隆夫代表取締役、以下ロゼッタ)の初の債権者集会が開かれた。参加した債権者は数十名。破産管財人の高柳一誠弁護士の説明は1時間に及んだ。内容は多くの債権者が覚悟していた通り、厳しい現実を示すものだった。管財人は、「届け出債権者は325人」で、債権額の合計は「59億1375万1860円」と説明した。その大半は投資被害者からの貸付金とみられる。これに対し、ロゼッタに残された資産を調べたところ、換価可能なのは「現金18万2151円」で、それ以外は「見つかっていない」と報告された。ロゼッタは、東京国税局に納める法人税約3225万円のほか、東京都の法人都民税や神戸市の法人等市民税、兵庫県の法人県民税が未納。今後納めなければならない公租公課の額は計約5500万円になることも報 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。