「日大の暗黒王」田中英壽

マスコミは騒ぐが世間はじきに飽きる。「大した問題じゃない」と言うのがホンネ。内田前監督の復活の目も残した。

2018年7月号 DEEP [特別取材班「追跡第19弾」]

  • はてなブックマークに追加

「編集長いますか?」2014年10月1日午前11時15分頃――。本誌にかかってきた電話に出た女性編集者は、いきなりそう言われた。年配のふつうの男の声だった。「外出しております」と答えると、「今代わるから」と別の男が出た。代わるなり「敬天新聞ってご存じ?」と聞かれ、「存じております」と答えると、「敬天新聞の関係者が昨日、金属バットで半殺しの目に遭ったのをご存じですか、日大の関係で。お宅も記事をやっているようだから、山口組のこととか書くと、同じような目に遭いますよ。忠告しておきます」と言うと、電話が切れた。いかにも暴力団風の話し方ではなく、イントネーションも標準語、ごく短い会話だった。いたずらでないことは、すぐにわかった。敬天新聞は独立系右翼団体であり、日大の田中英壽(ひでとし)理事長(71)と暴力団幹部の親交を暴くブログ記事を連発していた。本誌が警告を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。