「定額働かせ放題法」すんなり成立

「働き方改革」が美名であることはバレバレ。しかし、野党は政治争点化できず完敗。

2018年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

首相の安倍晋三が「全国過労死を考える家族の会」との面会を拒絶したのは5月23日のことである。衆院では「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」など働き方改革関連法案の強行採決が迫っていた。安倍は野党議員から「せめて15分でも会えないんですか」と促されても、「まるで高プロを導入すると過労死が増えるかのごときのお話」と、どこ吹く風だった。その夜、安倍は東京・銀座の料亭「東京吉兆」へ向かった。経団連名誉会長である、今井敬(新日本製鉄出身)、御手洗冨士夫(キヤノン出身)両名ら財界人と会食するためだ。今井は安倍最側近で経産省出身の首相秘書官今井尚哉の叔父。御手洗は経団連が「高プロ」の前身「ホワイトカラーエグゼンプション」創設を提言した後、実現を強く要請してきた中心人物だ。安倍政権とは誰のための政権か。首相のこの日の言動がそれを端的に物語っている。安倍政 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。