日本維新がラブコール、国民民主が「ゆ党化」

2018年7月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

民進党と旧希望の党が合流して5月7日に発足した国民民主党。両党の勢力を足し合わせれば100人規模の野党第1党になるはずが、民進の衆院議員や希望「チャーターメンバー」らが参加せず、立憲民主党の後塵を拝する60人強どまりの結果になった。「対決より解決」を掲げる国民の姿は、自民党とたびたび協調姿勢をとった55年体制下の旧民社党に重なる。旧社会党を彷彿とさせる大型の左派野党、それより小規模な右派野党が固定化する構図が復活し、政権交代はますます遠のいた。「世界の自由貿易体制を守るために、米国に対し対話だけではなく行動で示すべきだ」。5月30日、国会で1年半ぶりに開かれた党首討論は、国民共同代表の玉木雄一郎(49)にとって初の大舞台だった。国会を騒がせている学校法人森友学園・加計学園の両問題には一切触れず、持ち時間の15分をトランプ米大統領による関税強化やロシアとの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。