肥満児ライザップの主治医「松本晃」

会社の中がおもちゃ箱! 何も片付けられない病の瀬戸健。練達の経営者を招いた真相。

2018年7月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

結婚して17年で10キロ太った。家内から「おデブちゃん」と蔑まれ、ポッコリお腹が邪魔をして靴紐を結ぶのがしんどい。75キロを超えていたそんな私が、RIZAPグループの門を叩いたのは、昨年秋のことだった。週に2回、黒いレザー張りの高級感あるトレーニングルームに通う。ベテランのトレーナーは腹筋、腕立て伏せ、ベンチプレスを丁寧に指導し、筋肉づくりをアドバイスする。だが、その最大の要諦は三食のチェックにある。三食ごとに食事を撮ってメールで送信させられ、「これを食べてはダメですね」「お酒は控えて」と注文がつく。やがて体重は劇的に減り、しばらくすると68・8キロをマークした。激しい運動というより、太る要因の糖質を「食べるな、飲むな」がライザップ流ダイエットの神髄なのだ。その提唱者である社長の瀬戸健(40)は財をなしても筋肉質で、お腹が出ていない。「もともと筋トレが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。