FACTA銘柄 Sin-Bin Box KNT-CT (東証1部)

「親子上場」の罪深き天下り社長失言

2018年7月号 BUSINESS [FACTA銘柄 Sin-Bin Box ]

  • はてなブックマークに追加

「当社の配当方針について」と題した電子メールが6月8日、投資家やアナリストに届いた。差出人は近畿日本ツーリストなどを傘下に抱える旅行代理店大手のKNT-CTホールディングスだ。5月28日のIR(投資家広報)説明会で「配当方針の説明に不十分な点がありました」という。KNTは、2018年3月期決算と19年3月期決算予想を5月11日に発表しているのだが、リリースには「不十分な点」の具体的な内容には触れていない。KNTがIR説明会を開いた翌日から株価は急落し、31日には発表前の28日終値比で5%安の水準まで下げた。IR説明会で何かが起きたはずだ。KNTが適時開示の要請に応えないなら、小誌が報じよう。「不十分な点」とは、親会社、近畿日本鉄道(現・近鉄グループホールディングス)から天下った丸山隆司社長の失言である。KNTはプロの機関投資家の間で「ネット・ネット」と呼ばれている。英語で「差し引 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。