「個人情報流出」の張本人?逃げる有名転職エージェント

2018年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

転職エージェントの森本千賀子氏は、「スーパー営業ウーマン」として名高い。1993年にリクルート人材センター(現リクルートキャリア)に入社以来、転職支援で活躍。著書によると2千名以上の転職に携わったという。累計の売り上げは数十億円にものぼり、リクルートの歴史でもトップ。2012年には各界の一流人を取り上げるNHKの番組「プロフェッショナル仕事の流儀」に取り上げられたほか、日経産業新聞で連載をもつなど、ビジネス系のメディアに数多く登場している。森本氏は昨年9月をもって退職し、自身の会社を設立、活躍を続ける。しかし、退職から2カ月ほどたった昨年12月、森本氏が最後に所属していたリクルートエグゼクティブエージェント社のHPに「お客様の個人情報流出に関するお詫びとご報告」という文章が掲載された。それによると「退職した元従業員」が、当時担当していた求職者1163名と求人 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。