レオパレスが会社ぐるみ防火「違反建築」封印

5年前の本誌特ダネが突破口。違反発覚は、「欠陥品だ。直せと言われたら困る」という元社員の証言を裏付けた。

2018年7月号 BUSINESS [「負の遺産」放置のツケ]

  • はてなブックマークに追加

賃貸アパート大手のレオパレス21は5月29日に記者会見し、過去に施工した一部の物件シリーズに「建築基準法違反の疑いがあるものが発見された」と発表した。これに先立つ4月27日にも「ゴールドネイル」「ニューゴールドネイル」と呼ばれるシリーズに「確認通知図書と実際の施工内容が一部異なるものがあった」として補修工事の実施を発表していた。だが会見の日の夜、テレビ東京の「ガイアの夜明け」が、違反が発覚した物件調査時の映像をスクープ。「ゴールドネイル」「ニューゴールドネイル」の2件のアパート調査で、建築基準法で定められた小屋裏などの「界壁(すきまのない構造で耐火・防火や遮音の性能が求められる壁)」が存在しない様子をつぶさに映し出した。レオパレスの会見は、同日夜に番組が放映されることを察知し、先手を打つ形で開かれたものだったように見える。同社は、補修が必要な物 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。