破綻に瀕す安倍「拉致」外交

兄を暗殺させ、叔父も処刑する「血の独裁者」が放つ妖気に「政界サラブレッド3代目」がかなうはずもない。

2018年7月号 POLITICS [金正恩に「最上級の賛辞」]

  • はてなブックマークに追加

トランプ大統領が安倍晋三首相に繰り出す握手の仕方は、いつも独特である。下から相手の手を細くすぼめ、指先ですっぽり包み込むようにぐいと持ち上げる。「ハンド・ハグ」と呼ばれる米国の若者世代に流行しているスタイルで、時に左手を右手の甲に重ね合わせてしばらく撫でさする「ダブルハンド・シェイク」というスタイルも見かける。いずれも「俺たち、仲間だよな」という親愛の情を込めたあいさつとされ、安倍崇拝者たちは、これぞ「世界一親密なドナルド・シンゾー関係」を象徴する特権的な身ぶりなのだと訳知り顔に解説してきた。確かに、他国の首脳で同じ握手をされている例は見当たらない。安倍首相がトランプ氏にとって「特別な存在」であることは確かなようだ。

トランプは「拉致問題」にうんざり

それにしても、いつ見ても、握手された安倍首相は、いかにも窮屈そうだ。肩もひじも不自然に押し上げられ、まるで護身術によっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。