トランプ「顧問弁護士」の闇

蜘蛛の巣のごとく、プーチンに絡め取られたトランプ帝国。裏の「集金マシーン」を握る男の危うい綱渡り。

2018年7月号 GLOBAL [[ロシアゲート相関図=上]]

  • はてなブックマークに追加

ドナルド・トランプ米大統領は6月4日、ツイッターでロシアゲートを調査するロバート・モラー特別検察官に「終わらない魔女狩り」「完全に違憲」と噛みつき、大統領には「自分自身を恩赦する絶対的な権利がある」と主張した。共和党のミッチ・マコンネル上院院内総務、ポール・ライアン下院議長ら重鎮からも諌められても馬耳東風。隙あらば、モラー解任と自身の恩赦を狙っていることは間違いない。それだけ針のムシロなのだ。大統領就任から500日余、モラー・チームとメディア総がかりの追及が山場に差しかかる前に、錯綜した疑惑の相関図を一望しておこう。何がフェイクかは自ずと浮かびあがる。トランプの顔色が変わったのは4月9日。汚れ仕事を任されてきた顧問弁護士マイケル・コーエンのオフィスや自宅が家宅捜索を受け、20箱分の文書と情報機器10台が押収されてからだ。トランプは「秘匿特権」を主 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。