岡野スルガ銀行「主犯」の仮面

「元気な地銀」の詐欺商法。組織ぐるみの歴然たる証拠が続々。森長官の顔に泥を塗り、霞が関に激震走る。

2018年7月号 BUSINESS [森金融庁の「優等生」]

  • はてなブックマークに追加

首都圏を中心にシェアハウスを運営する不動産業「スマートデイズ」の放漫経営が招いたと思われた「かぼちゃの馬車事件」は、物件融資を行ってスマートデイズを支え、サブリース事業を主導した「スルガ銀行事件」の様相を呈してきた。まずは、スルガ銀行員と販売会社担当者との対話アプリ、LINEでのやり取りをごらんいただきたい。行員「エビ(エビデンス=資産証明)どう?」行員「まだなら5700万円に変更してほしい」行員「今日夕方までには提出求められてるから」担当「ただ今作成中です。5700万円、承知致しました」融資額が大きく、上層部から5700万円の資産証明を求められた行員が、担当に変更(通帳の改竄)を求め、それに担当が応じたという証拠だ。

「かぼちゃ」以外の業者も使う

次は別の行員と別の担当とのやり取り。行員「エビ、どこか教えて」担当「みずほ(銀行)とSMBC(三井住友銀行)」行員「○×(本文実名)さん、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。