「西川元農相」銘柄のテクノウッド社がヤバい

2018年6月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

昨年秋の総選挙で、TPP交渉妥結に向け自民党内をまとめてきた大物議員の西川公也元農林水産大臣(栃木2区)が落選したが、因縁の深い地元企業がここにきて経営危機に陥っていることが判明した。「3月末から借入返済を延滞し、4月下旬に緊急バンクミーティングを行った」(取引行関係者)という。その会社は「テクノウッドワークス」(栃木県鹿沼市、早川孝男社長)。住宅メーカー向けに木材のプレカット加工を行い「昨年度の売上高はおよそ180億円と業界トップクラス」(地元信用調査マン)という。社名を一躍有名にしたのは西川氏が支部長の自民党支部に対する献金が発覚し、2015年2月、西川氏が大臣辞任に追い込まれた一件だった。政治資金規正法では国の補助金交付決定後1年は政治献金が禁じられているが、テクノ社が12年9月に300万円を献金したのは林野庁の「森林整備加速化・林業再生事業」から7億 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。