テレ朝「セクハラ告発」の真相

「報道したい」と提案しても、官邸に近い報道局長らに録音データを取り上げられるだけだから、週刊誌に持ち込んだ。

2018年6月号 DEEP [燃え広がる「怒りの火」]

  • はてなブックマークに追加

テレビ朝日の女性記者に対するセクハラを巡り、財務事務次官を更迭された福田淳一氏。セクハラを一貫して否定していると伝えられているが、政府関係者でさえ「セクハラの定義も知らず、悪あがきを続けている」と見放す。今回の問題では、女性記者に言い寄る取材対象者の卑劣さにとどまらず、安倍政権とメディアの熾烈な攻防も垣間見えた。現場では「#Me Too」と立ち上がる女性記者らが相次いでいる。福田氏のセクハラは4月12日発売の週刊新潮がスクープ。「財務省担当の女性記者を何度も夜呼び出し、抱きついたり『キスしてもいい』『ホテル行こう』などと迫ったりしていた」「被害者は複数いる」と報じた。この段階では、被害者の1人がテレビ朝日の記者だとは判明していない。同日の参院財政金融委員会。麻生太郎副総理兼財務相は福田氏に「財務省が置かれている状況を考え、緊張感を持って対応するよ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。