セクハラ「もしあなたの娘なら」

男性には「性暴力の一つだ」との認識と、「被害を受けた側」への想像力が欠けている。

2018年6月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

4月12日発売の『週刊新潮』が報じた、財務省の福田淳一事務次官(当時)によるセクシュアル・ハラスメント事件。1週間後にテレビ朝日が未明の記者会見を開き、被害者が同社の記者だったことを明かした。その数時間後、旧知の元テレビ局記者から電話があった。彼女は嘆いた。「何年たっても日本の社会はちっとも変わらない」彼女は約30年前、警察担当の記者をしていた。何度も自宅へ『夜討ち朝駆け』をし、家族ぐるみで親しくしていた警察官がいた。その警察官と外で一緒に食事をし、そのまま相手の自宅に行ったら家族は不在だった。激しく抵抗したが強い力で無理やり引きずり込まれ、レイプされる寸前までいったという。

「男女平等」に程遠い日本社会

夜討ち朝駆けとは、取材相手の帰宅後や出勤前にその自宅へ行き、話を聞くことをさす。記者の仕事は記者会見で質問することだけではない。重要な情報を持つ取材相手と、他の記者の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。