「どん尻」名古屋大総長の逆襲

岐阜大との統合をぶち上げた松尾総長の「渇望」は、旧7帝大「最下位」からの脱却!

2018年6月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

18歳人口の減少で統廃合のうねりが本格化している大学業界で「下克上」の動きが出始めた。旧帝国大学の七つの国立大のうち、最後発の名古屋大が隣県の岐阜大との統合協議に踏み切り、東大を頂点とする序列に風穴を開けようとしているのだ。統合のキックオフは4月18日、名古屋市の同大で開かれた。岐阜大の幹部たちと席に着いた松尾清一総長(67)は加速する少子化や国の厳しい財政状況に触れながら「複数の大学が新たな枠組みを構築し、戦略や資源を共有して機能強化することが重要」と語り、今年度末までの最終合意へ意欲を見せた。名古屋大が他大学との統合協議に舵を切ったのは、3月に世界的水準の研究大学を目指す「指定国立大学」に認定されたためだ。同大が描く構想では「マルチ・キャンパス」を掲げ、他大学との共同経営を打ち出していた。早速、以前から語学教育で協力関係にあった岐阜大と統合 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。