苛立つ米USTRに茂木「のらりくらり作戦」

「日本から果実をもぎとる」と息巻くライトハイザー代表と6月にも初協議。トランプ政権の恫喝をかわせるか。

2018年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

米フロリダ州で4月18日に行われた日米首脳会談は、安倍晋三首相がドナルド・トランプ大統領の取引(ディール)の土俵に引きずり込まれた末、新たな閣僚級の通商協議の設置で合意した。しかし、日米の隔たりは大きく、日本の通商政策の暗中模索が続いている。6月にもスタートする新協議とは「自由(free)で公正(fair)かつ互恵的(reciprocal)な貿易取引のための協議」で、頭文字から略称はFFRという。1980年代後半から90年代前半にかけて米国が日本の市場開放を求めたSIIと呼ばれた日米構造協議があり、それを思わせるネーミングだ。ただ、自動車ではFFは前輪駆動、FRは後輪駆動である。二つを足したようなFFRは、日本がFF、米国がFRで、前輪と後輪が目指す方向と協議に臨むスピード感が違う状況を暗示させる。同床異夢で始まるFFRは言い得て妙な略語だろう。FFRは、今秋の中間選挙勝利に向けて迅速 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。