日経が少数精鋭「調査報道チーム」

電子版の読者増狙い「ここでしか読めない記事」を、有料コンテンツの切り札に。

2018年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

新聞紙離れが急速に進む中で「一人勝ち」とも言われる日本経済新聞が、3月から編集局長直属の専従チームを本格稼働させ、調査報道に本腰を入れ始めた。米ニューヨーク・タイムズ(NYT)などにならって、「他では読めない記事」を日経電子版のコンテンツの「売り」にし、有料購読者を増やす狙いがある。日経新聞は3月20日18時、日経電子版で「限界都市 NIKKEI Investigation」というロゴ付きで、「再開発の5割にタワマン、住宅供給過剰に懸念」と題した記事を「調査報道班」のクレジットを添えて配信(日経本紙は21日付朝刊1面トップに掲載)。末尾で「日本経済新聞は政府や自治体、企業が明らかにしない重要事実を、独自取材で掘り起こす調査報道を強化します」と記し、第1弾として都市問題を追うと宣言した。それを皮切りに4月末までに「児童増で学校整備費22倍 タワマン乱立の東京4区 財政を圧迫  ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。