中国「産業ロボット」躍進の脅威

人手不足を追い風にロボット強国への野望を抱く。日本のお家芸に灯り始めた黄信号。

2018年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

中国では人件費の高騰と、地方から都市部に出稼ぎに来る「農民工」の不足によって、企業が製造ラインの自動化を急激に進めている。この恩恵を受けて、日本のロボット・工作機械業界は我が世の春を謳歌している2017年の日本製産業用ロボットの輸出額は前年比36.2%増の5284億円と過去最高を更新した。中国向け(57.9%増の2275億円)がけん引した。工作機械の17年の受注額も31.6%増の1兆6455億円を記録し、10年ぶりに過去最高を更新したがこれも中国向けが貢献した。だが、ここに大きな「落とし穴」がある。工作機械業界に40年以上かかわり、現在は中国でその関連事業を起業している日本人が断言する。「日本のロボットや工作機械の業界には驕りがある。このままではいずれ中国メーカーに打ち負かされてしまう」

日本製は「時代遅れ」に

その関係者がそう指摘するのは、日本のロボット、工作機械業界は、中国に輸出攻勢をかけ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。