FACTA銘柄 Sin-Bin Box「ディップ」(東証1部)

兜町の悪弊、グレーな「静寂期間」

2018年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「え~、何が起きちゃったの?」4月半ば、投資家が目を白黒させた。若者に人気のアルバイト求人情報サイト「バイトル」を運営するディップの株価が急落劇を演じた。4月12日引け後に2018年2月期連結決算を発表したところ、翌13日、東京証券取引所1部に上場しているディップ株に売りが殺到。前日比15%安の2776円まで下げた。稼ぐ会社なのに……。ビッグデータと人材活用という「材料」を兼ね備えたディップ株は、アベノミクスの波に乗って12年以降に急伸。前期は顧客の外食や小売りの広告出稿が増え、最高益を更新した。今年に入っても上場来高値圏で推移する「花形銘柄」に何が起きたのか?ヒントは3月下旬、プロの機関投資家だけを招待した「クローズド・ミーティング」を開いたこと。国内大手証券が主催したが、説明に立った幹部が参加者に妙な「期待」を与えてしまった可能性がある。3月当時はディップ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。