IR「大穴」にハードロック

自公合意の裏で「トランプ印」の米資本が動きだした。主戦場は北海道だが、実はマカオと組んだ毒人参か。

2018年5月号 POLITICS [カジノ利権狂騒曲]

  • はてなブックマークに追加

意外とあっさり合意した。4月2、3日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案を検討した自民党と公明党の与党ワーキングチームのことである。森友文書改竄で証人喚問が行われ、その余燼が燻るなかで、IR慎重論の公明に自民がどこまで譲歩するかだったが、懸案のカジノ設置数は上限3カ所、入場料は6千円で折り合った。自民が合意を急いだのは、IR推進法の「2年内に実施法」という期限が5月に迫るばかりではない。大物ダークホースが日本上陸へ動いているからだ。これまではサンズ、MGM、ウィンのラスベガス「ビッグ3」を中心に、華僑資本ゲンティンなどが取り沙汰されてきたが、世界にホテル24カ所、カジノ11カ所を展開する「隠れた最大手」ハードロックが、出遅れ挽回に動きだしたのだ。

先住民富豪が所有するカジノ資本

ハードロック? 1971年に米国人ヒッピー2人が、ロンドンでハンバーガーが食べたくなって開店したカフェ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。