ギターの名門「ギブソン」凋落

イーグルスがあの名曲でギターミュージックの終わりを暗示して40余年。ついにその日が。

2018年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

1902年創業のギターの「ギブソン」が経営危機に瀕している。60年代から70年代にかけて、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックといった三大ギタリストが愛用するなど、世界中のギタリストに愛された名ブランドだ。中でも、往年のギタリスト、レス・ポールの名を冠した「レスポール・モデル」は、代表機種として52年の初登場以来、現在でもロックミュージックのアイコンとして輝いている。近年はギターだけでなく、鍵盤楽器、電子楽器、音楽制作ソフトの企業を傘下に収めるなど、ギター専業メーカーからの脱皮を模索していた。2012年には、日本の音響メーカーであるONKYO(オンキヨー)への資本参加を実施。15.45%の株式を保有し第2位の大株主となった。さらに、ティアックやオランダの電機メーカー、フィリップスのオーディオ部門を買収するなどホームオーディオ分野への進出を図ってき ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。