登山用品の名門「好日山荘」が崖っぷち

2018年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

大正13(1924)年創業の登山用品の名門企業「好日山荘」(神戸市中央区)の経営不振が深刻化している。2017年11月期は10億円の最終赤字に陥り、ここにきて「手形が割止めになっている」(信用調査マン)。好日山荘は現在、同名の店舗を全国63カ所(FC含む)、クライミングジム「グラビティリサーチ」19店舗を展開する。04年から「コージツ」の社名でジャスダックに上場していたが、スキー用品や釣具への進出失敗で08年度以降2期連続最終赤字を計上するなど、苦節が続いた。12年にマッキンゼー出身の青松英男氏率いる投資ファンド「DRCキャピタル」によるTOBで上場廃止した経緯がある。しかし、ファンド傘下で攻勢に転じ、13年には国内最大級の旗艦店を「グランフロント大阪」に出店。折しも「山ガール」が脚光を浴びるなどアウトドア市場が低迷を脱したこともあり、売上高はTOB前の10年度99億円から14年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。