米ロ中「スパイ狩り」目には目を

「ソールズベリの神経剤テロ」で外交官追放合戦。スパイ焙りだしの情報戦エスカレート。

2018年5月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

冷戦のピーク期さながら米国など西欧陣営とロシア・中国が激突する「インテリジェンス戦争」がエスカレートしている。ロシアが2016年米大統領選に干渉したという「ロシアゲート」を捜査するロバート・モラー連邦特別検察官(元FBI長官)が、ロシア人13人と関連企業3社を刑事訴追した2月16日あたりから、米情報機関が新聞メディアなどにリークして、暴露合戦の様相を呈している。ロシアのネット工作の中心人物と見られる「プーチンの料理人」エフゲニー・プリゴジンも起訴された一人だが、ホットドッグ屋から出世、要人接待の高級レストランを経営するかたわら、ウクライナなどの反ロ派を貶めるダーティーワークを請け負い、フェイスブックにフェイクニュースを流すIRA(インターネット・リサーチ・エージェンシー)の資金源となっていた。また、傘下の民間軍事会社(PMC)ワーグナー社の傭兵をシリアの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。