「中朝再接近」陰に習近平の焦り

「無礼者」の金正恩を北京で歓待。対トランプ交渉のカードを失う恐怖が透けて見える。

2018年5月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

東アジアの国際情勢は、過去数十年で最も難解な局面に突入した。言うまでもなく台風の目は北朝鮮の若き独裁者、金正恩(朝鮮労働党委員長)だ。国際社会の警告を無視して核兵器・ミサイル開発に邁進した金は、今年2月の平昌オリンピックを奇貨として一転、韓国経由で密かに米国にアプローチした。3月8日、米大統領のドナルド・トランプは史上初の米朝首脳会談に5月までに応じる意向を表明し、世界を驚かせた。

「水と油」が中朝の実態

続いて3月25日、金は専用列車で北京を電撃訪問。中国国家主席の習近平(共産党総書記を兼務)と初会談した。両者は中朝の伝統的友好関係の継承を確認するとともに、朝鮮半島の非核化実現に向けて協力することで一致したという。金の豹変の背景には、米国が先制軍事攻撃も辞さない姿勢で圧力をかけ続けたことや、北朝鮮の対外貿易の8割以上を占める中国が経済制裁に本腰を入れたことがある。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。