雌雄決した「三つの山口組」

機関誌上で六代目山口組が勝利宣言。帰参者が相次いでいるが、構成員が激減、弱体化している。

2018年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

三つに分かれた山口組が再編へ動き始めたのか。神戸山口組(本部・淡路、以下神戸)の井上邦雄組長がトップを兼任する中核組織、山健組のナンバー3が六代目山口組(本部・神戸、以下六代目)に転じたことがきっかけとなり、神戸や任侠山口組(本部・尼崎、以下任侠)から六代目に戻る構成員が相次いでいる。警察は切り崩しや引き止めを巡る抗争を警戒する一方、組員の離脱を手伝い、組織全体の弱体化を目指している。関係者によると、異変の始まりは、山健組が2月11日付で発した「絶縁状」だった。この世界では最も厳しい処分で、永久追放を意味する絶縁となったのは、山健組で組長、若頭に次ぐ統括委員長を務めていた植野雄仁・兼一会会長。兼一会は大阪・ミナミが本拠で、植野会長はその後、東大阪に本部がある極心連合会の橋本弘文会長の舎弟(弟分)に転じた。橋本会長は六代目ナンバー3の統括委員 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。