病める世相の心療内科⑯「情報過多」時代が作る不安神経症

2018年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

まだ公立病院勤めの頃の話である。ある日、真面目なタンクローリーの運転手が「一睡も眠れず、車に乗ると激しい動悸が起こる」と受診してきた。その2年前、彼が運転していたタンクローリーに、診察を終えて帰宅途上の患者が、自殺を図って道路脇から飛び込んだ。病院前の車道での出来事だった。幸い少し肩が触れた程度で、転倒による打撲で済んだが、次の日、運転手を雇っている小さな運輸会社の社長がやってきて「医療費を払うから、事故扱いにしないよう、家族に話をしてもらえないか」と求めてきた。運転手に落ち度がなかったとしても、人身事故となれば免停は免れない。運転できない者に給与は払えないが、もともと真面目な奴で、子供の学費やローンも抱えており、首を切るのは忍びない、というのであった。飛び込みは若い医師の診察直後の出来事で、病院側にも責任が無いとは言えず、私から家族に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。