神鋼「社長の首を差し出す」お粗末広報戦略

2018年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

神戸製鋼所の品質データ改竄問題は、川崎博也会長兼社長が引責辞任に追い込まれて、幕を閉じた。客に約束した品質にまつわるデータを勝手に書き換え、出荷するという不正を長年にわたって続けていたのだから、当然と言えば当然だが、広報戦略のまずさも際立った。同時期に同じような不正が発覚した三菱マテリアルや東レ、宇部興産などでは、本体の「社長のクビ」は飛んでいないだけに神戸製鋼のお粗末さが目立つ。神戸製鋼の品質データ改竄は昨年10月8日に発覚した。その最初の記者会見がまずとんでもなかった。その日は翌9日の「体育の日」を前にした日曜日。秋の連休の中日である。なぜ会見を開かなければいけなかったのか。担当記者の中には連休中の急な開催だったため、間に合わなかった者もいたという。実はある全国紙が連休前に品質改竄のネタを仕入れ、神戸製鋼に取材攻勢をかけたという。一方、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。