官邸の威を借る奥原去って農協グループ怖いものなし

2018年5月号 BUSINESS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「森友」問題、防衛省の「日報」隠蔽に続き、「加計獣医新設」は首相案件とする文書まで飛び出し、内閣支持率が急落した安倍政権――。官邸の威を借り、権勢を振るってきた「安倍トモ」官僚の足元も覚束なくなっている。その筆頭が農林水産省の奥原正明事務次官(62)だろう。安倍政権が標的にした「農協」に大ナタを振るった奥原氏。その功績から傍流ながら次官の座を射止め、今夏で在任丸2年。菅義偉官房長官の覚えめでたく「3年目突入」が噂されたが、官邸のパワーダウンで「6月退任」が既定路線になっている。かかるパワーバランスの変化を、農協グループは見逃さない。ここに来て意気軒昂なのはJA全中。奥原氏がシナリオを描いた農協改革の標的となり、全国の農協を牛耳る権限を剥奪され、一般社団法人に格下げされたが、その恨みを忘れない。あまり知られていないが、来年5月まで農協の「改革集中推 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。