哀れみずほFG「3メガ」脱落

なぜ、100店舗閉鎖・1万9千人の大リストラなのか。「振り向けばりそな」の焦燥。

2018年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

メガバンク――。バブル崩壊後の日本経済が絶望の淵に立たされた1990年代。不良債権処理に喘いだ都市銀行が合従連衡を繰り返し、2000年代前半に三つの巨大銀行(メガバンク)が誕生した。あれから十余年。当初はさほど格差がなかった3メガバンクの収益がいまや雲泥の差に開いてしまっていることをご存じだろうか。しかも、そのうちの1行は、今年中にも「メガ脱落」の烙印を押されかねない状況だ。その銀行こそ、数々の不祥事の歴史を持つみずほフィナンシャルグループ(みずほFG)。収益は、メガトップに君臨する三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の半分しかなく、三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)からも大きく水を開けられている。さらに後ろを振り向けば、国内4番手のりそなホールディングス(りそなHD)と5番手の三井住友トラスト・ホールディングス(SMTH)が近くにまで迫って ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。