「鉄鋼・アルミ輸入制限」の黒幕ナバロ通商製造業政策局長

2018年4月号 POLITICS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

トランプ米大統領は3月8日、鉄鋼とアルミニウムの輸入が国家安全保障を脅かしているとして、輸入制限発動を命じる文書に署名した。それぞれに25%、10%の関税を課し、安保・経済協議で米国に譲歩した国には関税免除を認める。トランプ好みの、これ見よがしの「取引(ディール)」だ。このホワイトハウスでの署名式の数時間前、南米チリでは、米国を除いた環太平洋経済連携協定(TPP)11カ国が新協定の署名式を開いていた。通商関係筋は「トランプ政権内の強硬派が、TPP11に嫌がらせをするため、日程をぶつけてきた」と、眉をしかめる。トランプは今年1月、就任直後に永久離脱を宣言したTPPを巡り「復帰の可能性がある」と示唆していた。それから2カ月も経たず、多国間貿易連携と正反対の保護主義姿勢に転じたことになる。その背景には、ホワイトハウス内の暗闘があった。「TPP復帰」示唆のお膳立てをし ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。