裁量制撤退で消滅「加藤官房長官」

「働き方改革」が頓挫し首相の右腕の機能不全が露呈した。政局の気配はココからだ。

2018年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

問題ない、記録はない、批判はあたらない。どんな疑惑も頭ごなしに全否定し、数の力で押し切る。支離滅裂な強弁で批判を封殺し、何を言っても無駄と諦めさせるのが安倍政権の「勝ちパターン」だった。森友問題で、国会に開示された公文書の改竄疑惑を朝日新聞が報じた3月2日も、首相・安倍晋三は「フェイクニュースだ」と全否定する、と多くの人が予想しただろう。ところが、安倍は否定しなかった。官房長官・菅義偉も、今回は「怪文書」とは言わず、財務省の問題と突き放した。大阪地検の捜査を口実に、文書の有無さえ認めない財務省に対し、自民党幹事長・二階俊博に至っては、「国会から要求された資料を出せないのは理解できない」と公然と批判を展開。「勝ちパターン」はあっけなく崩れた。予兆はあった。安倍は2月、裁量労働制のデータを巡り国会で追及されると、あっさり誤りを認めて撤回し、裁 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。