米朝韓茶番で「鼻血作戦」回避

金正恩には裸同然の防御手段しかない。先制攻撃を恐れてあの手この手の懐柔に、文在寅は酔い痴れるばかり。

2018年4月号 GLOBAL [頭越し不安の日本]

  • はてなブックマークに追加

「もう少しだったのに……結局、ビビった若造が韓国を盾にして、北朝鮮の独裁体制を維持するということだ!」韓国の文在寅大統領が平壌に派遣した鄭義溶国家安保室長ら特使団が3月5日、金正恩朝鮮労働党委員長と会談し「4月に南北首脳会談」などで合意したと聞いて、知人の脱北者は吐き捨てるように言った。北に対する軍事・経済的圧迫が、体制崩壊の寸止めで終わる可能性への不満である。特使団の発表に与党寄りのマスコミは「破格」「驚き」と緩和ムードを持ち上げるが、これまでの北の欺瞞に対する学習効果もあって、冷ややかに見る人も少なくない。特使一行が正恩の発言を一斉にメモしている映像に「将軍様の指示をメモする韓国高官」と揶揄、正恩だけ腕を後ろに組み、ふんぞり返って記念撮影に臨むのを非難するSNS(交流サイト)の書き込みも多い。北は、新年の辞で「南北関係大転換」を表明したのに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。