ヒト動物「キメラ」研究解禁に慄然

動物の受精卵にヒトiPS細胞を入れ臓器を作る。ヒト細胞は臓器以外に広がる恐れ。

2018年4月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

見た目は爬虫類のようだが純粋な心を持つ「彼」と、女性との恋を描いた映画『シェイプ・オブ・ウォーター』。米ソ冷戦時代が背景のファンタジーが、米アカデミー賞を受賞した。キメラ動物を連想させる半魚人のような彼は、実験の犠牲となる運命にある。キメラとは生物学で、異なる2組以上の遺伝子情報を持つ胚や個体のこと。語源はギリシャ神話に出てくる想像上の怪物で、「頭はライオン、胴体はヤギ、しっぽは毒ヘビ」という異形の動物だ。このキメラ研究を応用して、動物の体内でヒト用の臓器を作るための実験が米・英国などで行われている。特定の臓器を欠損させた動物の受精卵(胚)にヒトのiPS細胞などを入れ、育ててヒトの臓器を作成するというものだ。日本ではクローン法に基づく特定胚指針で、動物性集合胚の研究は、背骨や脊椎になる部分が現れる前の受精後14日以内に限り認められている。しか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。