鈴木宗男が「大地」を捨て自民党復党を画策

2018年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「総理からは『今年は日ロ関係が大事な局面を迎える。しっかり対応していきたい』というお話がありましたね。はい」1月22日、首相官邸のエントランス。いそいそと時の宰相の発言を記者団に披瀝したのは、北海道のローカル政党・新党大地代表を務める鈴木宗男(70)だ。自民党衆院議員時代、国後島の「ムネオハウス」建設などをめぐり「疑惑の総合商社」と指弾された、その人である。2002年、建設会社や製材会社に絡む収賄などの罪で逮捕され、10年に刑が確定。議員失職、収監、釈放を経て、なお渋太く政界を渡り歩く。首相の安倍晋三(63)とは北海道での票の融通を誘い水に、月に1度、面会する機会を得ている。この間、鈴木はもっぱらライフワークの日ロ外交について「ご進言」してきたが、ある時を境に様子が変わったという。鈴木は昨年4月に公民権を回復し、秋の衆院選で比例代表北海道ブロック(定 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。