「寄らば大樹」旧民主党のタニマチの懐事情

2018年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

霞が関3丁目、特許庁の裏手に「三久ビル」という古い雑居ビルがある。調べると1969年の建築で、所有者である㈱富洋の社長は維新の党で代表経験もある松野頼久・元衆議院議員(57)。父は自民党の重鎮だった故・松野頼三で、ビル名は親子の名前から付けられたらしい。最上階の9階(234㎡)はしばらく空室だったが、最近「大樹リサーチ&コンサルティング」なる企業が入居した。旧民主党関係者によれば「大樹グループは政官界では知られたタニマチ的存在。本部は銀座だが、昨年落選し、カネに困っている松野を支援する目的もあり入居したらしい」という。確かに松野は登記簿にも税金滞納による差し押さえ歴がある。大樹グループは他にも多くの落選議員を囲い込んでいる。元財務官僚で大阪国税局査察部長も務めた松田学(60)が執行役員・特別研究員として勤務しているほか、同じく財務省から政界に転じた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。