水に「かたち」があるなら

2018年4月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

物事には始まりがあれば、終わりもある。水のかたち。そんなタイトルの映画がアカデミー賞に輝いた。言葉を失った孤独な女が「美女と野獣」のように半魚人に恋するファンタジーで、ふわりと水中を浮遊する場面が美しい。が、密かにアテツケの毒が仕込まれている。唖のヒロインといい、異形の半魚人(神?)といい、隣室のゲイの画家も、同僚の黒人の掃除婦も、マイノリティーの弱者ばかりなのだ。時代は1960年代の冷戦期、ソ連スパイもいるし、監督までメキシコ人だから、思い浮かぶのはLGBTも有色人種も嫌いで、ロシアゲートに苛立つトランプだろう。いかにも手の込んだ諧謔だ。電撃警棒を振り回すパワハラ、セクハラの権化の悪役がガリガリ齧るペレットに、好色と権力欲に駆られた米大統領が重なる。監督も授賞式で自らを「移民」と語った。水にかたちがあるなら、分け隔てなく流れこみ、すべてを包む ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。