福岡空港コンセッション、土壇場で番狂わせか

2018年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

加計学園でケチのついた国家戦略特区に代わり、首相官邸と国土交通省が旗を振る公共施設コンセッション(運営権売却)で大型案件の福岡空港が、3月締め切りの二次審査を目前に、本命の地元連合が戦意喪失、番狂わせの気配が濃厚になった。5組の企業連合が応募、昨年9月の一次審査で「オリックス・東急・三菱地所」連合と「住友商事・三井不動産」連合の2組が脱落している。残るは①九州電力、西鉄など地元企業と三菱商事、シンガポールのチャンギ・エアポートが組んだFAH(福岡エアポートホールディングス)連合、②東京建物・英MAG(マンチェスター・エアポート・グループ)連合、③伊藤忠・大和ハウス・豪マッコーリー連合――の3組である。一次審査通過段階では、福岡経済界を牛耳る7社会の後ろ盾のある地元FAH連合が優勢とみえた。ところが、運営期間30年で最低入札価格は1610億円、しかも現在運営する福 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。