郭文貴がSNS型「自前」媒体で減らず口

2018年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

中国の政商兼スパイで米国に逃亡、王岐山一族の腐敗を告発した郭文貴が、予告していた「独自メディア」のテスト公開を1月26日から始めた。ニューヨークの豪邸から、ツイッターやユーチューブの動画などを使って発信してきたが、昨秋以降アカウントを凍結されるなどしていた。そこで自前のメディアを持って内外の「口封じ」をはね返す狙いだ。名称は「郭媒体」(GUO・MEDIA)と何のひねりもないが、郭の主張を宣伝するだけでなく、ツイッターに似たSNS(交流サイト)の形をとる。ユーザー登録すれば誰でもつぶやきや動画を発信できる。2月10日現在、ウェブ版(https://www.guo.media/)とアンドロイド版のアプリが提供されている。最初の数日間はアクセスが不安定(郭はハッカー攻撃と主張)だったものの、その後はある程度安定した模様。2月3日以降、郭は自分のページで毎日のように動画を配信している ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。