「安倍うんざり」蠢く派閥

「改憲案発議と引き替えに3選を辞退し、穏健路線の岸田に禅譲。9条改憲を盤石にするウルトラCも」(岸田派幹部)

2018年3月号 POLITICS [「改憲」の障壁は安倍本人]

  • はてなブックマークに追加

今年9月、首相・安倍晋三が自民党総裁に3選されるのは、政界勢力図からほとんど確実とみられている。一般にはこれを「長期安定政権」と呼び、歴史的業績を達成する最も強力な基盤とみなす。なのに、政界で安倍改憲の見通しに懐疑的な見方が根強いのはなぜか。予想通り総裁3選を果たしても、そこが「安倍一強」の終わりの始まり、そこから下り坂を下るしかない生命曲線が見通せるからだ。総裁3選はできるだろうが、権力は強化されない。政権「死に体」化に向けた政権更新というパラドックスが、「3選後のポスト安倍政局」を先取りした派閥の蠢きにつながっている。「安倍3選」支持を率先して広言してきた自民党幹事長・二階俊博が、自己矛盾とも見える安倍支持の実態を象徴している。「安倍の後は安倍。私はずっと言っている」二階の決まり文句だが、よく考えてみると、持ち上げているようでいて、これほ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。