青山で「ゼネコン・不動産」泥仕合

120億で売れるものを105億で。この不思議な取引から、すったもんだは始まった。

2018年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

東京メトロ銀座線の外苑前駅の目の前に、竹中工務店が所有する「青山タワービル」がある。このビルをめぐり、鹿島建設や三菱地所投資顧問などが、地場の不動産会社を相手に、泥仕合を繰り広げている。1969(昭和44)年に建った築50年近いビルについた値段は2015年の契約時で120億円。建て直しが前提なので約1129㎡の敷地についた値段と言えるが、1㎡当たりで約1063万円だ。同年の相続税路線価が510万円なので、取り壊し費用を考えると、倍以上の評価になる。これだけでも都心の地価の過熱ぶりがわかる。元のオーナーである地場の不動産会社の特別目的会社「はやてインベストメント」が最終的に選んだ売却先は、もともとこのビルを建てた竹中工務店。はやてと竹中は同年9月29日に契約したが、その約1カ月前の8月24日、鹿島建設との間で105億円の売買契約を成立させていた。これを解約し、竹中に15億円高 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。