トランプが「TPP復帰」?「ぬか喜び」は安倍官邸だけ

2018年3月号 DEEP [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

トランプ米大統領がこのほど、1年前に離脱を表明した環太平洋経済連携協定(TPP)に復帰する可能性に言及した。安倍晋三首相はかねて盟友「ドナルド」にTPP復帰を働きかけており、官邸周辺からは「2国間自由貿易協定(FTA)交渉を回避した。安倍外交の勝利だ」と楽観が漏れるが、本当はどうなのか。そもそもトランプは、離脱表明した地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」についても「復帰しても良い」と思わせぶりな発言を続けてきた。外交筋は「TPP復帰発言はパリ協定と同じだ」と切り捨て、日本がFTA交渉で市場開放を迫られる可能性は「依然として高い」と警戒する。トランプの発言は、次のような内容だった。まず、米CNBCのインタビューに「米国がかなり良い取引をできるならばTPPに加わる」と表明。さらに、TPP参加国のうち、米国とFTAを結んでいない国があると指摘し、そうした国と「個別かグル ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。