トムソン・ロイター「解体」「金融情報端末」は時代遅れ

2018年3月号 DEEP [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米投資ファンドのブラックストーンなどが、金融情報大手トムソン・ロイターの金融機関向け情報サービス部門の買収を決めた。トムソン・ロイターは、同部門の株式の過半数を売り渡し、170億ドルを獲得する。さらに、傘下のロイター通信は、売却した部門向けに記事を提供し、年間3億2500万ドル以上を受け取る30年間の契約を締結した。トムソン・ロイターは「巨額の資金を手に入れ、メディア再編に乗り出す」(投資銀行幹部)と見られる。トムソン・ロイターは2008年4月、カナダの情報サービス「トムソン」が英老舗の「ロイター」を呑み込み、誕生した。収益の柱は、銀行や証券会社のディーラー、トレーダーが市場情報を集める「金融情報端末」などの提供。標的になったのは、古き良き報道ではなかった。しかし、08年9月のリーマン・ショックにより、屋台骨の金融サービス部門が苦戦に陥る。さらに、専用端 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。