「名護の勝者」は菅長官と創価学会副会長

2018年3月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「菅・佐藤連携が稲嶺市政を粉砕した」――。米軍普天間基地の名護市辺野古への移設の是非が争点となった2月4日の名護市長選は、辺野古移設に反対してきた現職の稲嶺進氏が自民、公明、維新が支援した新人の渡具知武豊氏に約3400票差で惨敗した。報道各社の事前調査では大接戦が予想されたが、大敗した背景について、政府筋は「菅義偉官房長官と創価学会の政治担当、佐藤浩副会長の連携がものを言った」と解説する。渡具知氏は名護市議を5期務めたとはいえ知名度が低く、昨年7月の世論調査では稲嶺氏に大差をつけられ、陣営内には「勝負にならない」という諦めムードが漂っていた。官邸の主、菅長官が候補者の差し替えを県連幹部に打診するほど劣勢だった。ところが、フタを開けてみれば、渡具知氏は現職の稲嶺氏に約3400票の差を付けて完勝。前回2014年の市長選で、稲嶺氏が移設容認の候補に4千票以上の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。