Hana倶楽部「破産開始」で断末魔

被害女性の第三者破産の申し立てが認められた。「洗脳的投資集団」の全容が解明される。

2018年3月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

伏魔殿の奥へとつながる入り口の扉がようやく開いた。1月18日、ロゼッタホールディングス(板井隆夫代表取締役、以下ロゼッタ)が東京地方裁判所で破産手続き開始決定を受けた。関係者によると、最初の債権者集会は6月をメドに開かれる予定という。それまでロゼッタの関連財産が洗いざらい調べられることになる。ロゼッタは、本誌が書いてきた通り、中高年のイベント団体「Hana倶楽部」を運営するShunkaの飯田正己会長がかつて社長を務め、今も取締役として残る会社だ。Shunkaと一心同体とみられている。Shunkaは水やゲーム機などへの投資と称して、Hana倶楽部の会員の一部約600人を「加盟店」に仕立て、金をつぎ込ませた。加盟店には一般の人からも多額の金を集めさせた。だが、2016年5月、投資額の1~3割と約束した配当や元本の返済が滞り、被害者が警察に駆け込む騒動になっている。本誌は1月号で、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。