王岐山「異例の復活」はまやかし

国家副主席に就任しても影響力は限定的。反腐敗一本槍の習近平のジレンマが滲む。

2018年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

1月29日、湖南省共産党委員会の機関紙「湖南日報」が、3月に開催される全国人民代表大会(全人代=国会に相当)の湖南省代表団118人の名簿を公表した。それを見たチャイナ・ウォッチャーの視線は、リストの2列目に記された一人の名前に釘付けになった。そこには、昨秋の共産党大会(19大)で最高指導部を引退した王岐山の名があったのだ。王は2012年秋の18大で党の最高意思決定機関である中央政治局常務委員会のメンバーとなり、汚職捜査機関の中央紀律検査委員会のトップに就任。最高指導者の習近平国家主席(党総書記を兼務)が発動した反腐敗キャンペーンで豪腕を振るった。習の全権掌握への過程で比類なき貢献をした功臣である。だが19大の時点で王は既に69歳。党指導者には「七上八下」(67歳なら昇進できるが、68歳なら退任)と呼ばれる定年の不文律がある。一時期は習がそれを曲げて右腕の王を続 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。