小池都知事がすがりつく「任期延長特例法」

2018年3月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

自らが代表を務めた希望の党が昨年10月の衆院選で惨敗して以降、つるべ落としの小池百合子東京都知事――。「頼みの綱」の都議会公明党が知事与党から離れ、厳しい議会運営を強いられている。国政では民進党や立憲民主党との連携に傾いた希望の党執行部が、小池氏に連なる松沢成文参院議員団代表らの「分党」を画策し、「創業者」の小池氏自身も「排除」されかねない有り様だ。レームダック化した小池都知事は東京五輪直前に任期満了を迎え、2020年7月に次期都知事選が行われる見込みだが、小池氏の支援者からも「五輪までもたない」との悲観論が漏れ「再選は容易ではない」との見方がもっぱらだ。一方、対決色を強める都議会自民党は「小池氏を引きずり降ろしたいのは山々だが、五輪が近づけば近づくほど、都民の反発を招く『小池降ろし』をやりにくくなる」とホンネを漏らす。その隙を突くように小池氏 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。