新経団連会長「中西」の凄み

「経団連会長は個人が鮮明に出る。それなら、やってみるか」と嘯く自信家を待ち受けるのは「国家の罠」か。

2018年3月号 BUSINESS [東芝の二の舞いはNO!]

  • はてなブックマークに追加

 日立製作所の中西宏明会長(71)は日本経団連会長に内定した1月9日、「経団連会長という役割は個人が鮮明に出る。それなら、やってみるかと思った次第」と自信のほどをのぞかせた。俺はちょっと違うぞ――。そんな自負があるのだろう。だが、自信家の彼を待ち受けるのは、「国家の罠」かもしれない。

進取の気性に富む「大甕工場」人脈

中西は、戦火の余塵くすぶる1946年に生まれた。父の祐憲はその2年前、測定器や制御機器の製造販売を目的とする美和電気を創業。2人の姉の後に生まれた中西は、この町工場の大事な跡取り息子だった。教育熱心な祐憲は、御曹司を横浜市日吉の自宅から都内の田園調布小学校、同中学校に越境させて通わせた。その後、都立小山台高校へ進学。典型的な金持ちの子だったらしく、「ガツガツしていない」と同級生は言う。戦後民主主義の自由な空気があふれる同高で、生涯の伴侶と出会う。妻君は同級生だ。中西 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。